仮性動脈瘤をクリッピング(5/29〜6/1)。

5月29日
夜、パパと合流して、主治医と面談。
結論として仮性動脈瘤は前回の手術同様、チタンクリップでクリッピングするのが最善である。リスクは伴うが、それは前回の手術と一緒である。ただし仮性動脈瘤のクリッピング術の症例の報告はほとんどない。術後に仮性動脈瘤が出来るのがまれである。その病院でも年に一例あるかどうか。今回は仮性動脈瘤のできた場所及び大きさを考慮して、医療用綿にて巻いてチタンクリップをかませて、上手くいけば切り抜いてある頭蓋骨を収める予定とのこと。画像判断だけでは確認できない事項もあるため、様々な場合を想定しての説明あり。いつものように『もしもの場合』の答えを求められる。
キーパーソンとなるってことは、その人の命運を握るってこと。重い立場である。
自分自身がそうなった時に、どうして欲しいかを素直に答える。それでいいよね。と心でつぶやきながら。
手術は6月1日(私が絶対立ち会える木曜日)の12時半からとなる。各種書類にサインして、面談終了。
ちょっとだけ病室に顔を出して帰宅。各種機器類がまだ繋がっているため、拘束具で両手足が確保されているのが苦痛らしく、外してくれと訴えるが、四六時中側にいてあげられない限りは外す訳にもいかずで、ごめんよ。

5月30日
火曜日は早終わりのため、病院へ寄って帰宅。
明後日、仮性動脈瘤にクリッピングして、一部取り除いて冷凍保存してある頭蓋骨を収める手術をすること、術中は私が控えていることを伝えて、「一緒に乗り切るよ!」といつものように肩をポンポンして「じゃぁ!帰るわ!」と病室を出る。
そして今日やっとパパが自身の両親に今回のことを伝えてくれた。2世帯住宅につき、私の動きは丸わかりなので、なぜ私が毎日朝から晩までいないのかを今までの様々な経緯も含めて、詳しく話してくれた模様。本当に申し訳ない。

5月31日
術前なのに一人でごめんねと思いつつ、仕事、仕事、仕事。
病院から電話があり、明日は11時半には病室入りして欲しいとのこと。12時まで診療あるのにどうする?!レセコン入力と病院の駐車場の心配をしつつ……。

6月1日
懸案のレセコン入力は、病名さえ間違っていなければ入力可なのと、スタッフ数名には少しレクチャーしてあったので、11時台の患者さん2名の入力についてのメモ書きを作ってクリア。若干の入力もれはあったけれど、まま良しである。
サクッと病院まで走り、有料駐車場になんとか入庫出来て、ギリギリ11時半に入室。
看護師さん2名が手術着に着せ替えて、術後はICUに移るので、荷物をまとめておいてくださいと言われて、まとめる。この荷物はナースステーションでの預かりとなる。
ベッドのままオペ室へ。ところが乗せるエレベーターを間違えたらしく、あたふた(汗)。「怒られる^^;」って看護師さん。まぁ確かにオペ前はスタッフ皆がキリキリしてるだろうし、ちょっとの遅れが気になるかな。そんな小さなことがありつつもオペ室前に到着して、本人確認。まだちゃんと話せないため、私が代弁する。そして弟はオペ室へ、連絡用のPHSを渡された私は家族待合室へ行く前に、あぁ〜そう言えば、今日はまともなもの食べてないやと思い出し。病院内の喫茶室へ移動開始したらPHSが鳴って「どこにいますか?」とオペ前移動担当の看護師さんからでした。一応打ち合わせして解散したかった模様。速攻で移動する人は珍しいのか?!
お腹を満足させて、オペ室前の家族控え室へ。今日のために買い揃えていたかのような、毛糸と編み図があったので、せっせと編む。
『うれしいセーター』内で三國万里子さんが星野源さんに編んだ『Gen』を色違いで。人気の作家さんなので本と同じ色の毛糸は売り切れていたからなんですが、パパはこの色あんまりな模様。パパのじゃないからいいんですがね(笑)。
黙々と編んでいたら、あっという間に17時半に。もう5時間。早くて6時間ほどとの説明だったので、まだだなと思っていたら、ICUの看護師長さんからPHSに電話が入り、ICU前の家族控室(個室)へ案内される。畳敷きでのんびりできる。ここでも相変わらず編み編み。18時過ぎにパパが来たので、パパにPHSを託して、お散歩がてら近くのコンビニで軽食をGet。
そこから待つこと2時間半ほど。20時50分に無事終了しましたの連絡あり。8時間の長丁場。オペ室前へ行き待機。出てきて即ICUへ。整うまでICU前で待機。そうこうしていたら主治医登場。パパ曰く、オペハイな状態。でもその表情だけで、オペが上手く出来たと解り、こちらも安心出来た。「クリッピングも上手くいき、頭蓋骨も収めました。後日、またCTを撮って確認します」との報告。そしてハタハタと消えて、また登場してICUへ。そんな忙しく走り回る主治医に本当にありがとうございました。としか言えないキーパーソンな私でした。
その後、ICU内に案内されて、小1時間お話を伺って、荷物をナースステーションからもらってきて、必要なものだけ置いて、ではまた……明後日だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です