7月のまとめ。

7月2日
言語リハビリ見学。
カードを使ってのリハビリ。意欲がイマイチである。転院してまだ2週間だしね。

7月3日
スマホを持って来て欲しいとの要望あり。電話番号預かりになっていて、電話機能は使えないスマホであるが、病院内にWi-Fiはあるので、FacebookやLINEは使えると判断して、持参できるよう充電する。

7月4日
スマホ持参。Wi-Fiのパスワードは後日聞くとして、とりあえず置いておく。
しかし夜、病院の電話を使って入電。「ダメだ」と一言。どうやらスマホが上手く使えないかららしい。

7月5日
パパがWi-Fi接続設定してくれて、LINEにて私宛に写真の転送あり。

7月6日
LINEに転送してきた写真をプリントアウトして、病室の壁に両面テープで貼ったことで、ご機嫌さんになる。
これが機動力になり、この日以降、積極的にリハビリするようになる。ヨシ!ヨシ!
時間があったので、お昼を一緒にと思い自分用のサンドイッチ持参で行ったが、この頃は他の患者さんと一緒に広間でとっているようなので、取りやめる。
夕方再訪。
退院支援担当の看護師さんとご挨拶する。そういう話し合いを持つ必要が出てきたようだ。

7月7日
Y病院ではお風呂は週2回。他の日は清拭で、今日は清拭の日だったようで、パパが夕方訪れた時に、背中を拭いて欲しいと言われて、拭いたそうだ。あらら(汗)。

7月8日
うちのかわいいワンコその1がお空へ旅立ったため、病院へは夕方遅くにお邪魔することとなる。
外出OKが出たとのことで、13日(木)に外出したいとのことだが、木曜は本業の仕事があるので、16日(日)にしてねと言って帰宅。

7月9日
かわいいワンコその1のあれこれで、私がぼ〜〜〜っとしちゃったので、本日はパパのみ病院へ。また背中を拭いて欲しいと言われて、拭いたそうだ(汗)。
日中に歯科技工士さんがお見舞いにいらしたとのこと。

7月10日
毎夕、病院へ行ってくれているパパ曰く『短期記憶障害』があるとのこと。
メモ、カレンダー、付箋などの工夫が必要と思われる。

7月11日
『短期記憶障害』のために、パパが工場内に掲示してある大きなカレンダーの7月のみを持参して、病院の壁に掲示する。
今日はこの日ねとカレンダーの日付に○をつけて、意識づける。
ひらがなは読める?漢字は読める?とまだまだ解らないことだらけである。

7月12日
病院担当看護師さんから電話あり。
荷物をまとめて帰ると言い出したので、諌めて欲しいようだ。弟を電話口に出してもらって、今日は遅くまで仕事があること、明日は本業の仕事があること、なので、日曜に外出を予定していることを伝えて、納得させる。
その後、看護師さんから「どうやら食べ物に不満があるらしいので、差し入れを持って来てもらえると」と提案される。パパに差し入れをお願いする。そんなこんなだったが、病院からお借りしていた杖が自分専用にしてもらえたとご機嫌さんだったようだ。
この日から毎日差し入れ開始。

7月13日
弟は日付と曜日の概念が抜け落ちている。その後、数字の概念を抜け落ちていることが判明。
日付への○印に加えて、差し入れたもの、小銭入れに入金した金額をカレンダーに記載する。

7月14日
病院に来てくれる理容師さんに、髪をカットしてもらう(2,500円なり)。

7月15日
パパ見解によると、まだ尿失禁がある(履くオムツはしている)、尿意が解らない時があるとのことで、明日予定している外出に不安を覚える。ただし弟はすごく楽しみにしているので、最初は弟と私の二人で弟の歯科医院&自宅への予定だったが、パパ運転にて移動することとなる。
病院の杖を借りっぱなしなのも難なので、うちのLEKIポールを持参する。登山用に購入したものだが、私も開腹手術後によく利用したポールである。

7月16日
朝8時半のお迎えに行き、そのまま歯科医院&自宅へ。
歯科医院でひとしきり見た後、母登場であたふた。ちょっと想定外な質問を弟に浴びせたため、帰ってもらう。歩いて帰って来ているし、見た目は普通だが、脳疾患の病人であることを意識して欲しい。
パパが目の前のスーパーにてお昼ご飯と飲み物をGet。2階の自宅に移動する。階段はパパに背後でサポートしてもらいクリア。17時まで外出予定だったが、お昼過ぎにはもう疲れたとのことで、結局14時前に帰院。

7月17日
隣の病室がうるさいとずっと言っていたため、病室を移動。
昨日の母の想定外の質問が弟の頭の中に残っていたらしく、色々質問される。パパとふたりで真摯に答える。

7月18日
病院から入電。弟が電話をしてほしいとのこと。いまいち言っていることが解らずだったし、昨日の今日だったので仕事後、病院へ。LEKIポールを失くしたのが気になって電話して来たらしい。その後、トイレに忘れてあったのを看護師長さんが発見。
パパ曰く、多分、ポール紛失以外にも言いたいことがあったのでは?とのこと。本当のところはどうだったのかは不明。

7月19日
弟奥さんが来院(病室が移動したことを伝えるのを忘れていた)。
弟の名前と年齢、そして私の名前を書いて、壁に貼ってあった。
私の名前を聞かれたからだとのことだが……はて?!
なぜ姉ちゃんは苗字が変わったのか?と言ってたとか。いやいや、パパのことを姉ちゃんの旦那さんと看護師さんに紹介していたし、結婚していることは知っているはずだが、どういう記憶になっているのか?
弟奥さんが弟の言っていることをちゃんと理解できていたかは不明である。

7月20日
スマホ、なぜかLINEがログアウトされていた。電話番号預かりになっているので、再度ログイン不可。
LINEのマニュアルによると基本ログアウトは出来ないようだが、なぜログアウト出来てしまったのか?
今のところ、スマホは使いこなせないため、いいのだが。

7月22日
壁に掲示してあった写真、カレンダー、弟奥さんによる弟と私の名前が記載されていた紙が全てはがされている。
写真はスケッチブックに貼ってあるが、他は談話室のゴミ箱に捨てたらしい。
パパが弟のためを思って、工場で使っていたカレンダーをはがして持参し、メモを書き込んだり、日にちの概念が身につくように、○印をつけたりと工夫してくれたものをなぜ捨てる!とコンコンと説教する。その後、反省したらしい弟がゴミ箱に探しに行ったが、時は遅しであった。仕方ないね。また別の工夫をするか。

7月23日
ホームセンターで姫路城のナノブロックを見つけて、歴史好きでこの4月に姫路城に行って来たばかりな弟向けか?!と思い、買って持参。ところが全く興味を示さす。確かに入院中、テレビも全く見ないし、リハビリ以外、何をするでもなく過ごしているらしいので、無理だね。

7月24日
パパ来院時に「また日曜日に外出したい」と申し出たそうだ。

7月25日
明後日あるからねと弟から指摘あり。退院支援カンフェレンスのことだ。看護師さんから言われたようだ。ちゃんと覚えていられることは進歩である。

7月27日
第一回退院支援カンファレンス
【血液検査】
中性脂肪&悪玉コルステロールの値が高い。7/12からの差し入れの影響か?差し入れば本人の精神安定剤であるため、無しにするのではなく、給食で加減してもらえると助かると申し出たが、この後、この加減を増やしてくださいと受け取られたらしいと知る。
【リハビリ】
右への半側無視行動が見受けられる。言葉掛けにより注意することが出来る。
言葉については少しずつではあるが増えている。
日にち及び曜日の概念は落ちている。その後、数字の概念自体が抜け落ちていることを知る。
集中力持続時間は徐々に増えている。
【退院時期】
9月末を予定。
当方の目標設定が高いところにあるため、当初の予定通りで。
【本人の意見】
言葉が出ないのがもどかしい。なんとか言葉が出るようになりたい。

7月28日
iPadを言葉が出ない代わりに使えないかとパパと相談するも、キーボード入力が無理な模様。ローマ字入力だからかと思い、かな入力に変更しておくように頼むも、パパ解らずで保留。

7月30日
iPadをかな入力に変更したが、やはり解らないようで、この案は一時保留。
いつものように夕食後の差し入れを持参して、食べさせたが、この前に就寝前に飲むお薬(下剤)を飲んだらしく、看護師さんに「差し入れは……」と苦言をいただく。便の出が悪いらしく、お腹が辛いと訴えているようで、下剤を投与しているので明日から差し入れなしで。

7月31日
弟から8時30分頃、12時40分頃、15時45分頃、18時30分頃と4回も私のスマホに電話が入る。(病院のスタッフが電話をかけて来て、弟に代わるパターン。)
「お腹、楽いよ」とのことだが、まずは主治医から了承してもらわないとダメであることを説明して、夕方、パパが行った時に話し合ってねと収める。
差し入れが重要なのか、それとも毎日来てくれることが重要なのかは、解らないが、彼にとってどちらかが精神安定剤なんだと思われる。
毎日、病院に顔を出してくれるパパに感謝。実は洗濯物も回収→洗い→たたみ→持参してくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です