午前3時半。

午前3時半。

水曜日の午前3時半に私の事務所兼寝室のドアを開けて「金くれよ」と言う弟。「アホか。まだ夜中やろ!金いるのは夕方やろ」と言うと「忘れるとあかんで」と。時間と数字の概念が抜けているため、思いもよらぬ行動をとる。それに付き合わされる家族(現在は母と私)は、ドキドキである。
リハビリでお世話になった病院でも夜中にナースステーションに来て、あれこれと要求したりしたと聞いたが、まさかの自宅療養時でのこの有様。
気になるとそれだけで頭の中がいっぱいになるらしい。現に水曜日の午後は自宅にて言語療法のリハビリを受けるため、そのことだけで頭の中がいっぱいになるパターンが多いし、そのリハビリが終わっても、宿題を出してもらうため、その宿題をやらなくてはで頭の中がいっぱいになって、診療の見学に降りてくることがなかったり、遅くなることが多々ある。
さてそんな水曜日の夜、お友達との会食に誘われたから、「1万円くれ」と言われたのが数日前。「いつあるの?」と尋ねると、はっきりしない。よくよく聞いてみると水曜日だと言う。「水曜日はあれ(言語療法のリハビリ)があるから行けないかもしれない」と言ってあるとも。「いやいや〜それは午後一で、会食は夜だよね。」と正して、ちゃんとお返事するように促して、なんとか会食へ行く手はずを取る。そんなことがあっての夜中の1万円請求であった。
そして水曜夜に、お迎えがあって、出かけていった。
翌木曜日には確定申告の書類作りがあって、会計事務所の人と話しつつ、あれこれしていたら、「4月にある歯科医師会の旅行に行きましょうよと昨晩言われたから行くのだ」と会計事務所の担当者に言っているのを聞いて「え”?!」な私。皆様の迷惑になるだろうから、不参加の予定だったのに。
さてどうする?でパパに相談したところ、本人は行きたいと言うのだし、行きましょうよと仲間が言うなら、その仲間に現在の状況を包み隠さず話して、旅行中の二日間の面倒を見ていただけますか?と投げてみろ。旅行に参加させるのも良いチャンスかもしれないと。
まだ旅行の日まで1ヶ月半ほどあるし、次回の歯科医師会例会まで半月あるので、それまで様子を見つつ、参加不参加を決めることとしよう。

って記していたら、午前中に歯科医師会長さんから電話が入って、旅行の日に県歯科医師会で弟が受け持っている役職の会議がひとつあって、私たちは旅行なので出席できないため、病気療養中である弟に出てくださいと依頼がありまして、承諾したのですが、弟としては納得しかねるようでした。まま仕方あるまい。その役を3年やっているようですが。そんな会議には出たことないなぁとのことでしたが……。本当かしら?
その後、会長さんからまたお電話が入り、書類がどうの〜で県の会長さんにお姉さんから電話して聞いてくださいと言われましたが、それは会長さんから聞いていただけると助かりますと返しておきました。弟が倒れた直後に某高校の学校医の変更の際に、なぜか私があれこれ動くことになり、なんで?!ってことをいっぱい経験したので、今回は遠慮申し上げました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)