口癖。

口癖。

「困ったなぁ」というのが弟の口癖である。
確かに困ったことであるが、この口癖、聞き覚えがあるなと思っていたら、父の口癖であった。
しかし本当に困っている人は、その言葉は出てこないものだと私は思っている。自身に現実味がないから「困ったなぁ」との言葉となって出てくるのではないかと。
そんなこと言っているより、身体を動かせ!頭をぐるぐる働かせろ!と発破をかけているのだが、効果は薄い。
効果は薄いのは、出来る気になっているのが一因なので、それを木っ端微塵に砕いていかねばなのだが、現実問題として、治療はさせる訳にはいかないので、さてどう現実を味合わせるべきなのかを思案中である。
治療は出来るが、言葉が出ないので、無理だと思っているようだが、まず自主性がないこと、順序だった思考が出来ないこと、数字の概念が抜け落ちていること、これらを併せ持っている時点でアウトであると私は見ている。
本人がなぜ治療が出来ると思い込んでいるのかは不明だが、多分、代診の先生の手元を見ていて、出来るつもりになっているだけであろう。先生方は患者さんの患部を診て、治療方針を決めて、治療に取り掛かる。その治療方針を決めることが出来るのか?そして治療を順序立てて執り行うことが出来るのか?そう聞いたこともあるが、本人は出来ると言って譲らない。
車の運転に関しても、人が運転している横にいて、その人の運転動作だけを見て、出来ると思っているが、動作だけを真似るのなら子どもでも出来るであろうが、その中に道路状況、障害物の有無、車や人の動きなどを確認しながら、運転しているのだということは分かっているのか?と何度も聞いたが、それについての返事はなかった。治療に関してもこれと同じことである。私は歯科医ではないが、レセプトコンピューターの動きさえも理解出来ない今の弟が、治療を進められるとは思えない。
本当に大丈夫と思えるまでは、嫌われ者に徹して、断固阻止していくつもりである。

アイキャッチ画像は、スタッフにサポートしてもらいながら、スケーリングをする弟。スケーリングは様になってきている。ただしサポートは必至である。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)