2度めの診療リハビリ。

2度めの診療リハビリ。

母の義歯印象がメインの予定で4月第3土曜の治療開始。
2階の事務所兼寝室に掲示してあったホワイトボードも持参して、歯式図の他に治療手順を書き記して可視化する。
①前回充填した左上5番のCRの確認。
②個人トレーにて義歯印象と対合印象を取る。
まずはCRの確認であるが、助手のFさんからの「CRが膨張していますから研磨しましょう」との指示で、研磨開始。やはりまだ本人の意思で動ける場合と動けない場合がある。
個人トレーでの印象は、1回目は上唇をトレーの上に添わすことをせずで、上手く取れず、2回目に上唇を上に乗せることをFさんとワタシで指図したら、「うるさい」と一言。が、やはり上手く取れず。なんとか3回目でOK。
この甲斐あって、対合は1回でOK。

本日は午前のみの治療としていたので、歯のお掃除の患者さんが2名あったため、ワタシの治療はまた後日としてあったが、お一人が無キャンだったため、時間に余裕が出来、ワタシの治療も開始。
①右下5番TeC.除去後、コア部分を整える。
②右下7 6 5 Br.のTeC.印象、BT、対合を取る。
③右下5番にTeC.仮着する。
右下5番TeC.除去後、沁みるため、まず画像診断のためレントゲン撮影する。有髄であることを確認したしたので、セメント除去などの作業のために浸麻する。浸麻前に表面麻酔するのを忘れて、Fさんより指摘あり。浸麻の手順は抜けているらしい。ただし浸麻は手が覚えているらしく、全く遜色なし。この辺りは流石だ。手が覚えていることと、覚えていないことがあるのは不思議。その法則が判れば、導きやすいのだが……。
Br.TeC.印象は、寒天を流すのが少し甘かったが、TeC.につき、良しとする。ただし、本Br.印象の際は、何度でもやり直す。対合印象とBTはOK。
美味しいものをいただくために有髄である右下5番のTeC.は必至なので、TeC.作ってセットまでの作業をする。ワタシの歯の向きも良くないのだが、今回作ったTeC.は24時間ぐらいしか持たずで脱離する。有髄につき少し沁みるが、7 6 5のBr.TeC.の上がりを早くして対処することに。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)