未来はあるのか。

未来はあるのか。

レセコン入力はほぼ無理。基本セットの洗いはやるが、それ以上はやらない、朝、診療室に降りてくることが出来ない日がある。
今日も降りてこれない日らしい。
気候が不順だからなのか、それとも今日はSTのリハビリの日だからなのかは不明だが、とにかく降りてこない。以前に数回、「なぜ降りてこない。降りてこないとダメでしょ。」と言いに行ったことはあるが、それもどうなのか。何事も他人任せ、他人頼りにするパターンが多いので、ちょっとワタシの動きを変えてみようと思い、今朝は呼びに行っていない。
自主性はどうやったら生み出せるのか。
時間をかけてじっくりとやっていくしか仕方がないんだろうが、その方策が素人ではなかなか思いつかない。

パパの言うように、結局は『感謝』の気持ちを持てるかどうかにかかっているのか?
『感謝』の気持ちさえあれば、レセコン入力についても、どれだけダメ出しされようとも頑張ろうと思えるだろうし、基本セットの洗い以降もやらねばと思えるだろうし、定時に診療室へ降りてきて仕事をすることも出来るようになるのだろうか。
でもそれは理想であって、現実的ではない気がする。
現実はそれよりも複雑で、想定外のことが多いのではないだろうか。
現実を見つめながら、一つ一つ潰していく。それがまずやるべきことではないか。と自問自答する今朝。

しかし、まずは気候条件がどうであろうと、朝一に必ず声がけして、診療室へ降りてくるようにさせる。そして基本セットの洗い以降のことをやれるように指示する。他人任せではあるが、身体に染み込ませることが大切なのかもしれない。(不必要な)プライドが天よりも高いので、その辺りが難しいところだが、継続は力なりである。

アイキャッチはワタシの愛しの黄色いコ。このコでバビューンと走ることがワタシのストレス発散方法。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)