石が流れて木の葉が沈む。

石が流れて木の葉が沈む。

そしてワタシは周囲の優しさの元で立っていられる。
そんな日々を送っています。

さて高次脳機能障害となった弟ですが、頑固と立ち直りの早さは天下一品でして、先日もメスホルダーからメスを取り外す際に、ピンセットを使わず、素手で行い、チーフに「危険ですから、ちゃんとピンセットで外すように」と注意されたのに、言い訳三昧だった模様。それを見かねた代診の先生が「使い捨てのメスにすればいいやん」と進言してくださいましたが、なにせあまり使わないのに、原価は倍になるので、チーフと「ふーむー」な”銭ぃばぁ”なワタシです。
先日の土曜日は歯のお掃除の日で、弟は母とワタシの治療が主でした。母は新しい義歯が出来上がって来たので、それをセットして、ワタシは右下のBrが入った途端、いつもの歯ぎしりがひどく出て来たので、歯のお掃除後、ナイトガードを作ってもらいました。その際に弟に型を取らせたのですが、石膏を流したら、あまり良い出来ではなかったので、スタッフから「もう一度取り直した方がいいのでは」と言われたのに、「これでやる」と聞かずで、その石膏を修正してのナイトガード作りでした。最初2mm 厚でと言っていましたが、カットが上手く出来ずだと作り直しだなぁとの危惧があったため、1mm で作らせました。そしてやはりカットが雑でした。見えてないのか、手がまだ上手く動かせてないのか、それとも集中力が途切れてしまったのかが、判明しませんが、何れにしても、成果物が良くないことには変わりありません。また1ヶ月後にでも再度作らせてみる予定です。
母の義歯が上手くいったのが、すごく気持ちを上げたのか、下の義歯も作り直そうと言い出しましたので、次回からは母の下の義歯作りと、ワタシの右上4番のTeC.外してのHJKsetまでとなる予定です。
少しずつではありますが、患者さんのSP(消毒洗浄)、SC(歯のお掃除)などに携わらせるようにはしていますが、まだまだスタッフのサポートなしでは無理な模様です。課題はまだまだ多しです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)