退院後の準備を急げ。

退院後の準備を急げ。

退院が10月29日に決まった。

3度の外泊で、弟の生活空間はほぼ決まったが、食生活の充実がまだである。
歯科医院の2階の居住スペースで一人暮らししていた頃、ほとんどキッチンは使っていなかったであろう。とにかくどこもかしこも大変な状態で、まずは使えるようにするのがことだなぁと途方に暮れてしまった。鍋ややかんなどはあっても、使えそうになく、お皿やカップなどもあるのだが、うぅ〜んな感じなので、もうこれはウチから持ってくるのが一番である。少しずつ持ってきてはいたが、生活の場はやはりパパのいる自宅にあるため、自宅で料理することはここ数ヶ月ほぼ皆無とは言え、やはりもしかしたらってこともあって、必要最低限のものしか持参しておらずであった。
パパが「生活の拠点を弟のところに置け!」と言ってくれたので、心置きなく、いつも使っているものを持っていく予定。
29日までまだ少し時間があるので、少しずつ移動させればですから、気持ちは楽です。
それよりも29日からの弟のタイムスケジュールが問題である。
日がな一日ボ〜〜〜ッと過ごさせるのは、リハビリにもよくないため、やること、やるべきことを作るようにせねばである。
まずは
自分の洗濯物は自分で洗濯して、畳んで、しまう。(全自動洗濯乾燥機なので、干すはなしでもOK)
母の了解が得れれば、お昼ご飯は実家まで歩いて食べに行くようにする。
脳トレなどをやる。
カルテのチェック(これが出来れば理想ではある)
今のところ、思いつくのはこのくらいであろうか?
毎日の生活を送りつつ、まだ足せそうなものを見つけていかねばならない。

そんなことをしていて、ふといつもの食器好きが顔を出してしまい、実は数点ポチッてしまいました(汗)。
まぁ今まで頑張った自分へのご褒美ってことで……。これからも頑張らねばですが。
食事管理、健康管理も兼ねて、食事日記をつける予定なので、こちらにもその食器たちが登場するかも?!

あとは体重計と血圧計もなかったので、そちらもポチりました。
倒れる前には、ずっとダイエットしているって言っていたのに、体重計がなかったんだ!とビックリしました。体重はどこで測っていたのかね〜。

姉弟の仲が良いとは言え、まさかこんなことをしなくてはいけなくなるとは想定外でした。
パパ曰く、なんとか波に乗れているって感じですかね。
これからも上手く乗っていきたいと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)