心。

心。

パパはワタシの弟には「心がない」と言う。クモ膜下出血の手術によって、脳内が壊れたとき、一緒に心も壊れたのだと。そうじゃなきゃ、今現在、平常で居られる方がおかしいと。だから学習をする以前に心を作っていかないと、人間としての再生はないのではと言う。

昨朝、自宅から移動してきて、弟宅に着いたのは7時少し前だった。しかし弟は起きている様子もなく、起きる気配もない。朝ごはんを準備して、10分ほど待ったが、起きてこない。目覚まし時計は6時40分に設定してあるはずなのだが……。病後、動きが緩慢になったので、せめて7時15分には起こさないと、後がつかえるため、起こしたが、全く悪びれることなく、ボケ〜ッとしている。目覚まし時計を確認すると、6時40分には鳴ったと思われるのだが、鳴っていようとも起きることはなかったらしい。気持ちの余裕がなくなっているワタシには、この状況がどうしても受け入れがたく、説教タイムとなった。
そして今朝は6時前に起きてきて、録画したドラマをずっと見ている。朝ごはんを食べている最中も食べた後もずっとである。いつものように朝ごはん後、車を駐車場に移動させて帰ってきても、着替えることなく、ソファでダラッとして見ていたので、まずいなぁと思っていたら、やはり見事に的中で、8時を回っても着替える様子がない。またもや説教タイムである。
時計を気にしながら、過ごしなさいと何度も何度も言っているのに、録画番組をずっと凝視していては、テレビの時計も表示されないし、スマホも見ない。ましてや壁に掛かったアナログ時計なぞ理解していないのは確かであるから、時間を意識しているはずもなく、この有様である。本当に何も変わらない毎日。何度言えば理解してくれるのであろうか。先が見えない日々である。果たして弟は何がしたいのか、どうしたいのか、未来をどう捉えているのか。ST(言語療法士)さんの出す宿題だけをやっていれば良いのだと思っているのなら、この先は絶対にない。
しかし、きっと弟の心には響いていないであろう。ただ単に「怖い」と思っただけだと思う。

心を作るにはどうすべきなのだろうか?
喜怒哀楽愛憎。
喜怒楽は比較的早く形成される感情だと思うが、哀愛憎は複雑な感情が織りなすものだとワタシは思っている。これを作り出すには、どこをどう探るべきなのだろうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)