アスカの病理でる。

アスカの病理でる。

週一となりつつあるアスカの大学病院通いですが、今後も続く模様です。
先週の水曜日に右肺前葉の摘出をして、あまりの暴れん坊さに翌日には退院となりまして……。
月曜日にはかかりつけにて手術跡の確認と消毒。
昨日、やっと主治医のチェックとなりました。
病理の結果も出ていました。
思ったより進行の早い腫瘍だったらしく、4週間前にはさほど心配していなかったのに、手術時には気道ギリギリのところまで切除した切縁部位にまで及んでいたようで、術前に話し合ったとおり、早々に抗がん剤治療へ。
来週、抜糸して体調良ければ、そのまま抗がん剤の注射を打ちます。
術前はパラディア®︎を投与していたのですが、アスカには合わないとの判断で、術前にパラディア®︎と併用しようかと提案されていた注射で行くこととなりました。
1週間に1回を4度、その後、2週間に1回を4度を1クールの予定です。
薬剤名をホワイトボードに書いてくれたのに、メモせず、頭のメモリーに入れたら、ごっそり抜けてしまったので、また来週ちゃんと聞いてメモしてこなくては!
頭のメモリー壊れてます(爆)。
ほんとアホで困ります(滝汗)。

土日月と踏ん張りがきかなかったアスカの脚ですが、昨日は全く問題なく、案の定、血液検査後に待合室のワタシの元に返してもらうときには、主治医をガン引きしておりました。
いつもいつも申し訳ない(汗)。

そんな次第で、まだこれからアスカとともに、ハハもゆる〜く踏ん張っていきます。
アスカちん、ゆっくりでいいからね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)