結局……。

結局……。

昨晩開催された歯科医師会の定例会については、ワタシが問うことで事なきを得ました。
月曜日の帰りがけに
「お金が欲しい」
と自身のお買い物に使うお金の請求をしただけで、あとはな〜んも言ってこない。
やってはいけない行為ではあるのだが、弟のスマホをチェックする。
やはり4月〜6月分の会費と旅行積立金の徴収がある。
それも随分前の配信だった。
その時に気がついて、紙に書いていれば……だが、難しいのであろう。
どうしたらいいのだろうか?
こちらが気にするしかないのだろうか?
自立させたい。
仕事に復帰させるより、まずはそれが先ではないだろうか?
家事は曲がりなりにもなんとかやっている。
完璧ではないので、トイレ掃除やら、生ゴミの始末、配管のつまり解消とかはしなくてはいけないのだが、それでも自身でなんとかやっている。
まぁゴミ出しなんかは、時間を間違えて持っていって、そのまま置いていっているようだが、そんなことは、地域の人が母に言いに行ってくれれば良い。
地域の病院には歩きで行けるようになった。
残るは半年に一度行っている脳神経外科の定期検診である。
ワタシが動けるように木曜日に予約を取ったのだが、ココに来て、木曜日に他の用事がどしどし入って、ワタシが動けなくなった。
6月末の検診は母に頼んでみたが、どうしても外せない用事があるとかで断られた。
仕方がないので1週延期して、また母に頼んだが、言葉を濁す始末。
あ〜行きたくないんだな。
そうだよね。
少し距離がある。
運転が怖いんだろう。
実は、6月末の検診を頼んだ時には、ワタシたちの従兄弟のお嫁さんに頼むと言い出して唖然とした。
他人だぞ!
頼む筋合いはない。
母は懇意にしているのかもしれないが、ワタシたちは全く行き来がない。
何を考えているのだろう?
と本当にびっくりした。
行きたくなかったんだね。
分からずで申し訳ない。
そう思った時に、ふとバスはないのだろうか? と思い、探ったら、あるではないか!
それなら行きはバスで行かせるって手もある。
帰りはなんとか迎えに行くから、どこかでお茶でもして、待っててもらえれば良いのだから。
ただし病後、バスに乗ったことはないはずなので、手順とかを体に染み込ませるために何度か一緒に利用しなくてはいけない。
土日も同じ時間で運行しているようなので、早速今週試乗してみようか?

そんなことを思う水曜の朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)