文章読解能力。

文章読解能力。

予定通りであれば、昨晩は地元の歯科医師会の定例会の日であった。
ところが県から非常事態宣言が出されたこともあって、中止となっていた。
このことは今月初めの会のLINEにて会員全員にお知らせされていた。
が! そのことをワタシは全く知らなかった。
当日、弟が歩いていく(弟宅から歩いて5分ほどのところが会場である)と言うので、スマホのタイマーをセットさせようとして、出来なかった(Androidのタイマー設定は意外と難しい)ので、ワタシがセットして、ふとそう言えば……と歯科医師会のLINEを見たところ、『今月は中止』の文字を発見した次第である。
この文章がまた長くて、3つの言葉が連なった文章ぐらいなら理解できる弟には、理解できなかったのであろう。
うろ覚えではあるが、言葉としては12ほどで構成されており、内容的には3つ詰めてあった。
健常者であれば、全く問題なく理解できる文章ではあるが、高次脳機能障害でゲルストマン症候群である弟には到底無理である。
ワタシにはプライドがあるのか見せようとはしない。
ならば、信頼しているST(言語聴覚士)さんになら見せるのでは? と考えた。
歯科医師会のLINEをリハビリ時に一緒に確認してもらえるよう提案しようと思う。
弟は『先生』と呼ばれる人には腰が低い。
これを使わない手はない。
ワタシは叱責したところで何も変わらない。
これが結論である。

ひとつ疑問なのだが、歯科医師会はweb会議にする予定はないのであろうか?
web会議にすると多分、弟は出れない可能性が大となるが、それはそれでヨシと思っている。
web会議に移行させるのには、今のこの状態が良いきっかけとなるのではないだろうか?
と部外者ながら思っているのだが、パパ曰く、「ダメやろ」とのこと。
そんなもんでしょうかね。
誰かが口火を切って、サクサクやっていけば、あとは各自のスキルに合わせて、皆でサポートしていけさえすれば、楽になるのになぁ〜と思うんだが、どうですかね?
って誰も見てないか(爆)。

そんなことを思った水曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)