やっと。

やっと。

地域の歯科医師会の定例会がweb会議に移行するようだ。
この9月の定例会時にその説明があるとのことだが、弟は対応できないと思われるため、こちらで対応せねばなるまいと思っている。
会長さんに伝えねば。
あ”! 今日、直電いただいたんだった。
それは言わずで切っちゃったよ(滝汗)。

県の歯科医師会がFAXではなく、メールで文章のやりとりをするために〜との趣旨で、地域から県へメールアドレスを伝えねばならないらしい。
集め方が、アナログではあるが、それが極めて安全だね。

どのシステムを使ってweb会議を行うのかなどは、今月の定例会時に紙面での説明書きがもらえるだろうから、それを見て、対応することとしよう。
それがないようなら、こちらから直電して、説明を受けよう。
web担当は多分、あの先生かと思われるので……。
対応しきれない方々も出てきそうな予感がしないでもないが……。
大丈夫!?
そう言う不安がありそうなら、今月はその場で、一度やってみるのかもしれないなぁ。
SNSを使っていれば、簡単に設定できるものもあるしね。

でもweb会議を利用してくれることでの利点もある。
ワタシが常にその場にいることになるから、内容が解る。
毎月毎月、弟が参加はするものの、高次脳機能障害でありゲルストマン症候群である弟には、記憶を保持する能力が欠けている。
そのため、資料にない話があっても、こちらには何も伝わらない。
現に今月はじめにあった隣市の歯科医師会が主催した感染症に関する講演会には出席せずだった。
LINEで日にちと講演会がありますよ〜の話が流れていたが、どこで、何時からが触れてなくて、ワタシが対応しきれなかった。
どうも前日までには講演会の案内文章がLINE上にUPされていたようだ。
それでは遅すぎる(汗)。
こちらも貴重な木曜日を潰されることとなるため、弟に「行かなくてもいいよね」と押し切った形ではあったが……。
この講演会時にメールアドレスをお教えくださいってなっていたので、地域の歯科医師会の会長さんから今日、直電がワタシに入った次第である。
そのことも、ワタシがひっそり弟のLINEを見たから知っているんだが。
とにかく大切な情報が伝わってこないのが難である。

だから付箋にメモを! との発想になったのだが……。
果たして上手く機能してくれるようになるだろうか?
まずは長い目で見よう。

そんな月曜の午前。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)