無力。

無力。

しみじみと思う。
無力だなと。

弟と共に歩み始めて、4年と2ヶ月。
弟にとってワタシは一体なんなのであろうか? と問うことが多くなった。
良かれと思ってしたことが、まるで成果をあげられず、牛歩どころか、後退しているんじゃないかと考える日々。
昨日も
「今月は歯科医師会あるの?」
と問うと
「14日に」
と答える。
否、確か歯科医師会は火曜日のはずでは?
それに14日はパーソナルトレーニングの予約を先週のトレーニング時にしてある。
「明日なの?」
とさらに問うと
「違う」
との答え。
「あれやて」
と……。
はて? あれとは??? あぁ〜あれか。
久しぶりに仲良しさん達との食事会が企画されたらしい。
まん防が解除され、県内の感染者数も少なくなってきているからってことでの企画らしいが、”集まる人数多いよな! あかんやろ〜” がワタシの本音である。
全員ワクチンは接種済みではあるが、このご時世、あまり良くはないんじゃないかね。
ってことが頭の中を走り
「ダメ!」
と返したが、弟にとっては少ない楽しみのひとつである。
きっと周囲は……と考えるが、弟自身がそう感じていなければ、まぁ良かろう。
しかしこの予定が決まった時に、即、ワタシに知らせないのはバッテンである。
会費も必要だし、予定変更もしなければならない。
しかし弟は、予定が入っているとは思っていないのであろう。
自分の意志で行っているトレーニングではないから。
でも周囲には自慢するんだよね。
こういうトレーニングしているんだと。
多少間違って表現してはいるようだが。
そして、これが高次脳機能障害なのだ。
食事会の予定は、院長室に掲げてあるホワイトボードには記してあると言う。
そこをワタシは見ない。
弟の覚書のための、弟が管理するホワイトボードである。
ココに予定を記したら、ワタシに知らせる。
これがルーティーンとはならないようだ。
本日2度目の雷を落とすこととなった。
実は朝方に1度落としてある。
こちらは弟の仕事のひとつとしてある滅菌のことでだった。
両方の雷とも弟には不本意だったようで、不機嫌極まりない顔となっていた。
ちなみに今朝も真っ暗な院長室でSTさんから出された宿題をやっていたので
「目悪くなるよ」
と言って照明を点けさせたが、これについても不機嫌だった。

やってらんない。

まずはパーソナルトレーニングを来週に変更していただいて、キャンセル料がかからないようにする。
パパからは
「自分だけ行ってきたらいいのに」
と言われたが、あくまでペアトレーニングなので、それは無理なんじゃないかな。
とりあえずトレーニング代わりにおうちでエアロバイクでも漕ぎましょうかね。

そんな水曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)