優先順位。

優先順位。

昨日、代診の先生が帰ってから、抜歯後の消毒の患者さんがいらした。
消毒だけなら弟でもできる診察なので、帰っても大丈夫ですよ〜とお帰りいただいたのだが、ここで一つ問題発覚。
実は、高次脳機能障害である弟は優先順位がごちゃごちゃになる。
その時、スピットンの掃除をしていた弟に、チーフDHが
「消毒お願いします」
と言ったのだが、掃除をやめようとしない。
違う言葉で言ったら、やっとわかったらしく、掃除の手を止めて患者さんの消毒をすることへ気持ちが移行した。
しかし手順がいまいちであったとか。
そしていまいちであったがために、患者さんの前では絶対言ってはいけない言葉が出たようだ。
チーフDHのサポートがあって、そこはなんとか切り抜けたようだが、とにかく危ない橋渡であった。
何につけてもこの感じである。
今朝はマイナンバーカードの受け取りのための葉書に住所と名前を書かせようと思ったのだが
「ここに住所と名前」
と指示すると、なぜかスマホをいじり出す。
スマホのメモ機能に住所と名前が入力してあるのだろうか?
と思い、じっと見ていると、ただ単に、写真を見てはダウンさせ、見てはダウンさせを繰り返しているだけだった。
「だから住所と名前ね」
と再度お願いするも、じっと考える始末。
あぁ〜今日は調子悪いんだ。
と判断して、早々に
「もういいわ」
と切り上げる。
弟の鞄の中に住所と名前などを記したカードが入っているはずなのだが、それを出そうともしない。
非常に細かい箇所への記入(これお年寄りも記入するの困るよなぁ〜)だったので、もし本人でないと〜ってことであれば、役場で説明して、了解してもらおうと考え、サクッとワタシが記入した。

不調な時は、万事につけ、こんな感じである。
忍耐力がないと付き合いきれない。
イラチなワタシはいつも無理(汗)。
昨日は比較的ゆっくり、分かりやすく
「患者さんの立場に立って、言葉を発しなさい」
「もし手順がピンとこないと思ったら、チーフにココ(技工室)で聞きなさい」
と説明できたのに、今朝はそれが無理だった。

認知症が出始めている義母への対応もワタシがとにかく言葉も対応も早すぎるらしい。
パパによく諭される。
そう言えば、パパに昨日の弟の行動についての対応策を相談しようと思ったのに忘れてるわ(滝汗)。
ままいずれにしても、日々鍛錬である。

そんな火曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)