出来ない。

高次脳機能障害

チーフから
「ファイルの片付けや補充がぐちゃぐちゃで〜」
との報告を受ける。
弟の仕事のひとつとしている作業である。
根管治療に使うファイルがある。
以前にもこのBlogでは触れたことがあるのだが、太さ、長さ、種類が数多くある。
使う可能性の高いファイルたちをケースに納めておいて、治療の度に使う。
使ったファイルは滅菌を施し、またケースに戻す。
この滅菌からケースに戻すのが、弟の仕事としてある。
ところがこれが全く出来ていないのである。
以前は少しはまともに出来ていたようだが、ここに来て、ほぼ全滅だとのこと。
「間違っているから〜」
と注意すると
「俺じゃない」
「うるせぇな」
と言い返す始末である。
これでは仕事に支障をきたすとのことで、サクッと弟の仕事とするのを取りやめることとする。
これについては、一応、弟にも説明したが、彼はさほど悔しいとは思っていない模様である。
元々、俺の仕事じゃないって思っているところがあるからであろう。
しかし!
この細かい作業さえも出来ないってことは……。
ってことに気がつかないのが問題なのだ。
歯科治療はもっと細かいし、個々によって全く違ってくる。
それは出来ると思い込んでいるのであろうが、出来るはずもなく……。
何度も何度も言い聞かせても、本人には響かない。
出来るんだ! なぜ邪魔をする! と思い続けていることは明白である。
しかし出来るんだったら、代診の先生方が少しでもやらせてくれるはずなのだ。
それをさせてくれないってことが、どういうことなのかが理解できていない。
本当に残念だ。

治療のイロハが頭の中に残っているから〜と初期の段階で、弟に思い込ませてしまったのが失敗なのであろう。
残っていようが、残っていなかろうが、それを組み立てることができなければゼロなのである。

これは俺の仕事じゃないからとずっと思っている。
それがどれだけマイナスなのかを考えられずでいる。

仕事の内容に上下はないのだ。
ひとつのチームとして仕事をしている。
そして全ての仕事がきれいに流れることが大切なのだ。
ワタシはそれを目指している。
そしてワタシの仕事は流れを止めないようにすることである。
ワタシ自身は歯科のあれこれについては素人なので、濁ることもあるだろうが、それを皆に取り除いてもらいつつ、流していく。
その場の一角に弟を置く。

しかし弟は流れに逆らおうとしているようだ。^
姉への対抗心もあるのであろう。
でも対抗する先が違うのだよ。
自分自身が持ってしまった障害に対抗しようよ。

ワタシはそれを願いたい。

そんな水曜午後。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

最近の記事

  1. 誤作動。

  2. ドクダミ。

  3. シリアルバー1本。

TOP