苦手。

高次脳機能障害

弟は生き物が苦手だ。
うちの蘭丸もフアリも苦手。
ソニックに至っては
「噛まれた」
と言っていた。
確かに甘く噛んだかもしれんし、子どもを連れてきた時に、ソニックにBOWWOWされて、子どもが弟に抱きついて助けを求めていたこともあった。
ソニックがいるから
「まだ上がるな!」
との言葉を聞かずに、どんどん上がってきてしまったからだが。
相手から見れば、来るって分かっているのだから、早くどこかへ移動しとけってことになるだろうから、こちらが悪いのであろう。
アスカには会ったことあるのかな?

そんな弟の住処の2階に上がる外階段が今、ツバメの楽園と化している。
昨年に巣がひとつ作られて、それは一旦撤去したのだが、今年も作られていた。
そして成鳥が何羽も羽を休めている。
風が入ってこないから、居心地がいいのであろう。
数日前までヒナが数羽鳴いていた。
がしかし、昨日、ふと気がつくとヒナの様子が見受けられない。
今朝……。
裏玄関前にヒナが1羽亡くなっていた。
弟に聞いたら
「落ちていたから」
と言う。
「土に埋めたの?」
と聞くと
「うん」
と答えたが、道具もないし、埋められるはずはない。
土の上に無造作にほかったのだと思われる。
よくよくスタッフが聞くと、生き物好きなワタシからすれば、怒り心頭なことを口にした。
「お前は!」
とスタッフの前だが、思いっきり罵った。
言葉として書き起こすのも、腹が立つ。
その後、亡くなっていたヒナたちをスタッフたちが、ちゃんと土に埋めてくれた。

なぜ同じ環境で育った姉弟なのに、こうまで生き物に対する意識が違うのであろうか?

「子ども返りするから」
と、弟のくも膜下出血の術後すぐに、とある歯科医師に言われたことがある。
「でもそれは一時的なことだから」
と言ってくださったが、どうやら弟は一時的ではないらしい。

弟の行動の7割は子どものようである。
悪いことに、その自覚はない。

それを自覚しなければ、再生はないと思う。
いずれにしても本格的な再生は難しいであろう。
それはもう何年も前に覚悟している。
そしてそれを見据えての、ワタシの動きがある。
どう実になるかは、まだ不確実ではあるが……。

そんな火曜午前。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

最近の記事

  1. 101枚、104枚。

  2. 4回。

  3. 待ちました。

TOP