編み機。

編み物

糸の感触と、ジャージャー音が心地よくて、月1回だけだが、200キロ弱を往復している。
手編みはチビの頃からやっているが、編み機は母がやっていたのが記憶の片隅に残っているだけで、自分自身では扱ったことがなかった。
義母は独身時代に編み機を生業として、人にも教えていたと聞いたことがあったし、母は編み物師範(編み機の師範ではないけれど)である。
年齢を経ても、編み機なら楽しめるのでは? と思い、2年前から習おうと思っていた。
ところで〜の〜コロナ禍(汗)。
ずっと機会を失っていた。
先日、ふと見ると2月の木曜日にニット会の開催予定がUPされていた。
習っておかねば! と予約。
義母は認知症が日に日にひどくなっている。
もしかしたらあのジャージャー音を聞けば、少しは速度を遅くできるのでは? と思っての、片道200キロ。
実はその日のらんフア地方は雪マークだったが、この機会を逃すといつになるのやら〜で強行突破(笑)。

行って正解だった!

その日は午後の2時間のみで基本を習っただけだったが、その後の3月、4月で簡単なカーディガンを編んでいる。
来月は始末を教えてもらうことになっている。
ヤクの毛糸で編んでおり、最終的に絨毛するため、始末は緩めにせねばならないそうだ。
実はワタシ、編み手が非常にキツい。
自覚があるから、始末も教えていただきながらが適当であろうと判断した。

意に反して、義母の認知症は速度を緩めることなく、進んでいる。
ジャージャー音は聞かせてあげられないかもしれない。
もっと早くにワタシが編み機に興味を持っていればと悔やまれる。

編み機にしろ手編みにしろ、編み物は再生ができる。
それが良いところである。
もし編み方に失敗があっても、解けば良いのだ。
編みを失敗した時のリカバリーが出来る様になっていれば良いのだ。

2月、3月は自身でリカバリーが出来ずで、頭を抱えるばかりだった。
スタッフの皆さんのおかげでなんとか、編み進めていけた。

その後、今、編んでいるカーディガンの4分の1サイズのレシピをもらって、練習を重ねることで、少しはリカバリー出来るようになってきた。
それでもまだまだで、今月もえぇ〜(滝汗)っと思うことが数点あった。
要は集中力の欠如なんだが……。

自分自身でレシピを作って、今、家にある毛糸で編めるようになれば、いつでもジャージャー音を聞かせてあげられるんだよなぁ。

そう思つつ、ガサゴソと毛糸を触る。

そんな金曜夜。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

最近の記事

  1. 誤作動。

  2. ドクダミ。

  3. シリアルバー1本。

TOP