長文。

高次脳機能障害

昨晩、LINE電話が鳴った。
弟からである。
弟「web会議が△?@*□!」
ワタシ「は?」
弟「いつか知らんけど、web会議が」
ワタシ「今日じゃないよね」
弟「わからん」
ワタシ「今日なら会長さんからワタシに直に連絡入るし、そんな早急にはweb会議やらんやろ」
弟「?」
ワタシ「ちゃんと内容を読め」
でLINE電話は切れた。

今朝、弟のLINEを確認したところ、地域の歯科医師会から
zoomなどのweb会議に対応できない方はいらっしゃいますか?
との伺いだった。
今後は、地域の歯科医師会でもweb会議も積極的に行いましょうとの県歯科医師会の意向らしい。
2年遅いわ。

もっと早くに、その指針を出しておけば、いろいろと発展したであろうと思うのだが……。
ままいろいろなしがらみがあるのであろう。
致し方がない。

web会議が実行されれば、ワタシは情報の落ちがなくなって助かる。

弟の高次脳機能障害は、長文が読み解けないのが問題である。
文字は読めるし、短い文ならなんとか読み解ける。
しかし長文となると太刀打ちできないようだ。
自身で文節を区切って、理解を図るという努力もできないのが実情である。
そう努力していこうとの気概も見受けられない。
それが高次脳機能障害であるのだから仕方がないのだが……。
どうにも歯痒い。
だからと言って、本人はさほど悔しいとは思わないのであろう。
短期記憶が落ちるから。
本当にこの障害は、自身の覚悟がしっかりしてこないと、新たな知恵を生むのは困難だと感ずる。
24時間ともに生活をしていれば、打つ手も考えられるが、本業と家庭のあるワタシができることは限られている。

ちなみに家庭内のあれこれについては、現在、パパが悪戦苦闘中である。
ワタシはそんなパパに今朝、怒涛の言葉攻撃を仕掛けてしまった(汗)。
イラッとしたら、ひと息(6秒ほどかな)ついて、言葉を発する癖をつけねば。
言葉攻撃の元は、早々に解決しといてくれたようだ。
いつもありがとう。

そんな火曜朝。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

最近の記事

  1. 誤作動。

  2. ドクダミ。

  3. シリアルバー1本。

TOP