盲点。

盲点。

気がつかない方がおかしいんだけれど、完璧に抜け落ちていたことがある。
それは弟が漢字が読めないと言うこと。土曜日にレセコンの入力を再度させていた時に、「あれ?!」と思ったのがきっかけではあるが、ひらがな、カタカナも不自由なのに、漢字が読めると思い込んでいたワタシ。なぜ漢字だけ読めると思い込んでしまっていたのやら。ただし読める漢字もあるらしいのだが……。
ならばこれまでの数々の「あれ?!」にも合点がいく。
パパと3人で近くに食事処で食事をした時に、メニューを見て、10分以上どれを頼むか決まらなかったこと。レセコンの入力がおぼつかなかったこと。タブレット及びスマホの入力が出来ないこと。
だからと言って、本人が工夫を凝らして、漢字が読めるようになるべく努力をするのかと言うと、全くしようとしない。こちらが気を利かせて、漢字カードを買ってきても、おもちゃを与えられた子どもと一緒で、興味があれば手にとってアレコレするが、興味がないため、全く何をするでもない。遂行機能障害と言えるのであろうか。
はてさてどう導くべきか。漢字ぐらい読めなくても日常生活に支障はないから、ほかっておくか。それよりも治療のスキルを上げる方が先なのかも。
土曜日もワタシのBr.setがあって、セメントで着けた後のセメント除去を弟にやらせたのだが、舌側面のセメント除去が出来ておらずだった。全体をちゃんと見渡すことが出来ないらしい。注意障害である。チーフが後から除去してくれてホッだったが……。その後、それをどうやったら遂行出来るようになるのかの工夫をするかと言うと、何もしない。
これらについて、クドクドと説教すれば、それなりに聞いてはいるけれど、その後にあっちが痛い、こっちが痛いと言う始末。昨日は肩が痛いと言い出して、隣の接骨院へ行って来るわと言っていたが、初診で問診票を書くことになるであろうから、ワタシが付き合わないと無理だよね、今日は(ワタシの体調不良で)付き合えないからで無視していたら、プイッとしていた。その後、居間のソファーでダラダラと斜めって横になっていたから、さほど痛くないんだよね。運動不足なんだと思われる。社会的行動障害なのだろう。
見事に高次脳機能障害の症状が出ている。
さて……。どうするかね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)