聞いていない。

聞いていない。

水曜日の夜は弟とワタシが同時に受けるペアトレーニングがあった。
前回、トレーニングジム近くのおうどん屋で夕ごはんを取ってからお邪魔したのだが、やはり炭水化物過多はよくないだろうとの判断で、コンビニでサラダとタンパク質を買ってきて、弟宅で食べてから出発するに変更した。
弟にもその旨は伝えた。
「今日は7時20分ごろに出ます」
「トレーニングウェアに着替えていきます」
「これからコンビニで買ってくるので、夕ごはんはここで食べてから出ます」
と3点伝えた。
ところが、どれも伝わっていなかった。

コンビニから帰ってきたら、車に乗り込もうとしている弟がいた。
まだ7時前である。

「何聞いとったんや!」
と一雷。
しかもよくよく見るとトレーニングウェアに着替えることなくである。

「3つ伝えたよね。聞いとった?」
と問うも、いつものように押し黙ったままだ。
これは遺伝というか家風である(失笑)。
パパの観察によると、母もワタシも都合が悪くなると押し黙る傾向にある。
亡父は勤め先のコたちから『スピーカー』とあだ名されていただけあって、思ったままをストレートに口にするタイプであった。
ついでに手も出た。
いやはや(汗)。

そんな次第で、トレーニングに向かう前から呆れてしまった。

「まだ行かないから」
「出発は7時20分ごろ」
「着替えてこい」
この3点だけ伝えて、居住空間へ戻す。
コンビニで買ってきたものは、後から気がついて渡した。

どう伝えれば、ちゃんと頭に入るのであろうか?

まずは一番大切なひとつだけ伝えるべきだったのかもしれない。

今回の場合は……。
「トレーニングウエアに着替える」
がまず一番であろうか。
その後に食事を渡して
「これを食べる」
そして食べ終わったのを確認して
「7時20分頃に出発する」
の順番だったのかもしれない。
ただし今回は時間が押し迫っていたので、このようにゆっくりとは進めなかったであろう。
ならば夕ごはんは前もって準備しておくべきだった。
来週はそうしよう。
朝、お昼の弁当を作るついでに、夜用の軽食でも作ってくるかな。
毎週のこととすれば、用意も簡単にできるようになるであろう。

トレーニングはお試し時よりも、できるようになっていました。
ワタシより出来ないことが、悔しいのかもしれない。
ヨシヨシ!

ちなみに失語症意思疎通支援者養成研修は県に出されていた『まん防』で延期となっていましたが、来月中旬から再開されるそうです。
やっとです。
学ぶことによって、サポートの仕方が変われば良いのですが……。
ワタシ直情型だから、まずはそれを改善しないとなぁ〜(滝汗)。

そんな金曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)