やらせてみるか。

やらせてみるか。

木曜日に歩いて10分ほどの総合病院へ行き、定期検診後、薬をもらってきた弟。
そのお薬がワタシの手元に来ていなかったので
「薬は?」
と朝一でただしたら、指を立てて上を示す。
2階の居間に置きっぱなしってことだね。
「こっちへ持ってくること」
と言うと口をとんがらすので
「自分で出来るの?」
と問うと
「出来る」
と返してきた。
果たして本当に出来るのであろうか?
今は、小さなチャック付きビニール袋に日付を記入したものを10日分と薬を10日分、ケースに入れて渡して、弟自身が薬を切り分けて、1日分ずつ袋づめしている。
この日付を記入したチャック付きビニール袋が肝なのだが、それを弟は理解していないのだと思われる。
日付まで自分で入れれるのならば、それは自分で出来るってことになる。
しかし高次脳機能障害でありゲルストマン症候群でもある弟が、誰のサポートもなしで、そこまで出来るとは思えない。
出来るのであればやってみろ! だが、糖尿病をはじめ成人病の宝庫である弟の薬は、欠かすことなく飲むのが基本だ。
飲むのは日に1回でいいのが、ある意味、助けにはなるが、忘れてしまい、1日何度も服用してしまう可能性もある。
リハビリのために入院した病院で、これをしてしまって、1日3回の投薬が1日1回になったのだ。
自宅療養がはじまり、視覚で理解できればと思い、日付を記入したチャック付きビニール袋を用意するようにしたのだ。
最初はワタシが袋づめしていた。
ココ1年ほどは弟に袋づめさせている。
薬の切り分けもココ半年ほど弟にさせるようにした。
徐々にレベルを上げてはいる。
今の段階で、弟自身で何のサポートもなしで出来るとは思えない。
本人はなんでも出来ると思い込んでいるのかもしれないが、皆のサポートがあってのことである。
それをちゃんと理解して生活なり、仕事なりしているのかと今朝も説教タイムとなってしまった。
しかし、頑固に自分で出来ると言うのだから、任せてみるかと密林で1週間の薬を収納できるケースをポチッた。
できなければそれは仕方がない。
弟自身の身体が悲鳴を上げるだけである。
自業自得ってことで……。

姉は冷たいのだ。

そんな金曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)