忘れる。

忘れる。

歯科医院は吸引や噴出など機器内の空気の圧力調整が必要なのでコンプレッサーを設置している。
このコンプレッサーの起動スイッチが院長室入口横にあり、朝のオン、夜のオフは弟の役目としている。
昨日は不調だったのか、朝のオンも夜のオフもしてなかった。

ところがお金のことは口にした。
「(財布に)お金がない」

「明日明後日の会で会費がいる」(こちらはLINEの画面を見せてで言葉は少なし)
やはりお金が絡むとしっかりするのか?
とも感じた。

そして今朝は7時15分になって、医院に降りてきた。
寒くなってきたので、徐々に遅くなっているのか?
7時15分でも十分間に合うのだが……。
ちなみにワタシは7時前後には来ている。

さて昨日は、スタッフから課題をひとつ提示された。
解っていたことではあるが、直視しなくてはいけないことを思い出させてもらえた。
パパに相談すると
「頼む」
との答え。
確かに今の状態だと、『頼む』しか方法がないのである。

どこまでやっていけるか。

いろいろ模索中ではあるが、一体、何が正解で何が不正解なのかは進んでみないと判らない。
だから、ない頭を抱えて進みつつ、試行錯誤を繰り返しているのだが……。

また来月から平常運転に近くなる。
ワタシの動きが比較的自由に取れるのは今月いっぱい。
でも本業の決算処理やらもあって、何も出来なかったのが本当のところである。

今回のコロナ禍で様々な動きが変わってしまった。
でもひょっとしたら今回のコロナ禍で、思わぬことも出てくるのかもしれない。

歩もう。
タネを撒こう。
収穫までたどり着ければめっけもの。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)