病識がない怖さ。

病識がない怖さ。

弟には病識がない。
だから出来ると思ってしまうし、出来ないわけないと思い込む。
そして姉が邪魔をするから、何もさせてもらえないのだとの思いが膨らむ。
今回、薬をワタシの元へ持ってこなくなり、さてどうするのだろうか? と思いつつ、薬ケースを密林でポチっておいた。
今朝から、ワタシが準備していたチャック付きビニール袋は用意していない。
今朝の分はどうしたのだろうか? と朝一で弟に
「薬を持ってきなさい」
と指示すると、無印のケースに入れた今日1日分の薬3錠を持参した。
「否、それではなくて、薬を袋ごと持ってきなさい」
と再度指示し直して持参させる。
「さてこれをどうやって日々自分で用意するのだ」
と尋ねると、ケースを指差して
「これに入れる」
と言う。
「何日の分が入っているってわかるのか? 入院していた病院で訳が分からなくなってしまったではないか」
と尋ねると、口をとんがらせて
「それは前であって」
と返ってくる。
しかし前であろうが後であろうが、数の概念がしっかりしていない弟に管理が出来るとは思い難い。
「自分が今、日常や仕事で出来ていると思っているのは、周囲がサポートしてくれるからであって、決してあなたがやれるからではないよ」
と諭す。
「例えば、この薬にしても、10日に1回、このビニール袋に日付を書いたものと薬をあなたに渡して、あなたが薬を小分けして置いておくから、忘れずに飲めているんだよ」
「仕事もこうすれば、わかりやすいなと皆が前もってやってくれるから、なんとかなっているんだよ」
と。
長い話なので、果たして頭の回転がついていっているかどうかは分からないが、まさにその頭の回転がついて行っていないのであれば、それが弟の障害であるのだし、その障害を持っている証明にもなる。
それでも自分は間違いなく出来るのだと信じている。

ココでポチった薬ケースを差し出す。
月曜日から日曜日まで、7日間の薬を入れれるようになっている。
1日1回3錠の服用なので、これで十分である。
「今日は何曜日?」
弟は少し考えて、火曜を指差す。
「では火曜から日曜までに薬を入れる」
と薬にハサミを入れて、小分けしながら、ササッと弟の目前へ出す。
そして弟はケースに入れる。
「これで日曜までは準備できたから、日曜に飲み終わったら、月曜から日曜までにまた薬を入れて準備すること」
と伝えて、今日は終了。
若干心配ではあるので、来月曜に持参させて確認せねばではある。
この手間を惜しむと後で後悔するのはワタシなのでね。
とにかく、病識が持てるまでは地道にやっていくのみである。

そんな月曜午前。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)