ドクダミ。

日々のあれこれ

弟の歯科医院周りの植栽にドクダミが蔓延り出したのはいつだったのだろうか?
気がつくとドクダミだらけだった。
季節になると剪定してもらうのだが、その際には、ドクダミたちも一緒に刈り取ってもらっていた。
それでもドクダミは根をはって増殖していく。

火曜日の午前は訪問診療である。
ワタシはお留守番。
やるべきことを探して、あれこれ仕事はしているが、今日はふと思い立って、軍手とゴミ袋片手に、ドクダミ除去に向かう。
ドクダミをガシガシ抜き切っていく。
根は強力にはっているため、抜けない。
だから切るが正しいのだが……。

臭い。

息が苦しくなるほどの臭さである。
慣れてこれば、臭さも我慢できるけれど、頭痛を呼びそうだ。

以前、剪定をしてくださった方から
「3年抜き続けないと絶えない」
と聞かされたことがある。
3年以上経っているのだが……。
根が残っている限りは無理なのであろう。
しかし根を絶えさせることは無理に思う。
他の植物を植えてみるか。
ミントとか、根が蔓延るものを。
ミントは水気が多くないと無理か。
などと、ドクダミを抜き切りしながら、思考する。
用意したゴミ袋がパンパンとなり、ひとまず終了。
軍手だけで作業開始したことを後悔する。
軍手を脱いだら、手がドクダミ臭いのだ。
次回からはゴム手プラス軍手でいこう。
否、次回もあるのか?
とまた一人思考する。

ダメ元でミント植えてみるか。

それにしても、鼻にドクダミ臭がはりついて取れない。
ドクダミ茶って昔、流行ってたよなぁ〜。
飲んだことないけれど、こんな臭いお茶なの!?

ところでこのゴミ袋に入ったドクダミはどうする?
母に軽トラックで持ち帰ってもらって、畑で処分してもらおう。
軽トラックは最強だ。

そんな火曜午前。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

しゃん

しゃん

白茶たちと楽しい毎日♪ 量子灰色なAUDI SQ2でカッ飛びつつ、くも膜下出血で高次脳機能障害となった弟のリハビリに向き合っています。 Sonic ver.m 2002.9.14〜2017.7.8 アスカ 2006.3.28〜2021.3.27 蘭丸 2015.2.7〜 HUALI 2010.6.18〜

最近の記事

  1. 木を見て森を見ず。

  2. 再生とポイント。

  3. 天秤。

TOP