日時感覚。

日時感覚。

高次脳機能障害にありがちな遂行機能障害、注意障害、半側空間無視そして失語症が主な症状だと思われる弟。
週一のST(言語療法士)さんのリハビリだけでは本当のところ心許ないのだが、致し方がない。日々の生活の中でリハビリをしていくしかないのだが、本当のところ、どこまで出来て、何が出来ずで苦労しているのかは、本人にしか解らない。だから嘘をつかれると全くサポートが出来ない。
本人はそういうつもりもなく、何気に分かるからと思って発言していることも、こちらの意図することと違えば、嘘になってしまう。この辺りの見極めが非常に難しい。診療室内のことは、ほぼスタッフにお任せしているので、ままいいのだが、生活全般はワタシのサポートによるところが大きいため、ちょっと頭が痛い部分である。
今の課題は、始業時間に合わせて、自ら、時間を気にして、診療室へ向かわせることである。これが案外出来ずなのだ。時計以外にもスマホやTVにもデジタルの時間表示がされるので、それを見るようにと何度も言っているのだが、やはりワタシの動きを見ないと動けない日が多い。特に午前である。午後は意外と大丈夫なようだ。
午前と午後の違いは何であろうか?
身体が動いてないからであろうか?
ならば、朝の散歩や運動を取り入れると、身体も締まるし、頭の働きも違ってくるであろう。簡単に出来るものはやはり散歩だが……。簡易なトレーニングルームでも作ろうか?しかし本人のやる気が伴わないと無駄になる。
時間が解決してくれる問題であれば良いのだが……。本人の「この障害をなんとかしよう!」という強い意思がない限りは、無理な気がする。
なにせ今朝も8時50分となっても、ボ〜〜〜ッとTVを見ている有様ですから。我慢して我慢して、8時49分になると共に、事務所兼寝室としている部屋から、ゆっくり出て、「今、何時なの?」と聞いて、行動を促す。これが毎日のように続く。せめて8時45分には動き始めて欲しいのだが、本人にはその意識はないようだ。
これを打開する策はあるのだろうか?
?マークの嵐は続く。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)