黒カビ。

黒カビ。

弟宅のトイレの水溜まりに黒カビが発生しはじめたのはいつのことだろう?
気がついた時にはもうかなりなことになっていて、せっせと除去剤をぶち込んでなんとかしようとしたが、時すでに遅しで、一向に効果はなかった。
結局は頻繁に掃除するしかないのであろう。
ワタシが常駐していた時に、黒カビはなかったので、何が違うかと言うと、やはり頻繁な掃除なのだと思っている。
現に自宅のトイレに発生したことはない。
実は某所のトイレにも黒カビが発生しはじめていて、このところ危機感を感じており、時々見ては、黙って掃除している。
今回の件で、トイレは掃除をサボっていることが分かりやすい場所なのだと知る。
ワタシ自身も気をつけねば(汗)。
そんな訳で、4連休明けの本日は、まずは弟宅トイレをのぞいて、あぁ〜黒カビさんこんにちは! でせっせと掃除に励む朝であった。
某所は見ていないが、多分、うっすら発生しているはず。

毎日、毎日、自宅のトイレを見ている弟には、この黒カビは気にならないのであろうか?
時々、黒カビが消えていることに、気がついていないのであろうか?
自然に消える訳ないのだが……。
お風呂掃除もしないし、洗面所やシンク内の汚れも気にならないようなので、トイレも同じなのであろう。
時間はいっぱいあるはずなのに。
病前から、人のやる事は、ひどく気にするが、自身のことに関しては、無頓着だったから、病後がこれでも仕方ないことではあるが、もう少しなんとかしようと思えないのだろうか。
高次脳機能障害だから余計にそうは思えないのかもしれないが、歯痒い限りである。

パパが仕事ラストのチェックシートを作ってみては、と提言してくれたが、実生活のチェックシートもいるのではないかと思っている。
ゴミ出し、各所の掃除など、チェックしながら、自身で少しでもやれていければ、ワタシが口出しして、嫌な思いとすることもなくなるであろう。
実は今朝も弟の仕事としているもので、ひとつやり残していたことがあって
「ちょっとこっちへ」
と呼んだら、バンと音を立てて、持っていたものを机に置いて、口をとんがらせ気味で立った。
ワタシに対する不満がミエミエ。
笑うしかない。

だから例え時間がかかっても、生活全般のアレコレを自分でなんでも出来るようになればと思うのだ。

そんなことを思い描く月曜の昼。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)