ガラスの腰がガラスのまま、悩みが増える日々。

ガラスの腰がガラスのまま、悩みが増える日々。

お盆休みに入ってから再発しそうになったギックリ腰。
メンテナンス不足だからだろうか、いまだによくなる気配なし。
そろそろブッダハンド(お世話になっている整体)へ行くべきか!?
と考えつつも、今日もヘロヘロと弟の診療所へ出勤。

一昨日辺りから少し悩んでいることがあって、その答えをパパに仰いでみたが、パパ自身がやっていることではないから、なんとも言えないとの答えが返ってくるのみ。
自分で考え抜くしかないのか。
確かにこちらの仕事はパパの範疇ではない。
こちらでの問題は、こちらの皆で解決するしかない。
本当、いろいろ起こりますわ。
で、ずっと悩んでいる次第であるが……。

人って今まで培ったもので成り立っている。
それを否定されることは、自分を否定されると受け止めるであろう。
否定ではなく、肯定しつつの路線変更。
それを言葉に表すにはどこをどうすればベストか。
あくまでも弟の診療所であること。
ワタシはそれを守る人。
守るためには……。
そんなことを考えつつ、MIU404のサントラを聴きながらの朝の移動。
う〜ん考えがやはりまとまらぬ。
まだ丸一日あるから、じっくり考えよう。
ベテランさんにも相談してみよう。
とりあえず歯式は取る(謎)。
小さなことからコツコツと(爆)。

日々悩みつつマネージメントをしているとは、弟は気がついていないであろう。
現に土曜日の後片付けでは、やはりひとつやるべきことを落としていた。
指摘するとやはりふくれっ面。
こちらもどうすべきかね〜。
とりあえず、帰りしなに
「やるべきことを全てやれずなのだから、自分自身で考えて治療を進めていく歯医者としては無理」
と言い残す。
長い文章なので、理解していないだろうけれど……。
だからかえって厄介なのだ。
さてこちらもどう進める。

頭が爆発しそうな夏の終わり。
そんな月曜朝。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)